« 母が去る日 | トップページ | ひとつの区切り »

惜別、そして歩みだす。

8月23日23:14分
母が急逝しました。58歳でした。

たぶん本人が一番びっくりしているでしょう。
まさかこんなにあっさり死んじゃうなんて思ってもいませんでしたから。

子宮頸がんでした。
7月初めに不調を訴え、中旬にステージ1と診断されました。
8月中旬に手術をし、抗がん剤治療を経て退院の予定でしたが
7月下旬にかけて体調が悪化
8月上旬に手術を早めてもらい、手術を受けましたが
ステージ1とは思えないくらい急激に腫瘍が膨らんでいたそうです。
それから2週間も経たない内に、さらにわずかに残っていた腫瘍が恐ろしい勢いで膨らんで母を苦しめましたが
母も私たちも気づかないうちに、母の時はそれよりももっと早く止まる運命にあったようです。

誰もが、まだ母の死を受け止められていないのかもしれません。
それくらい、母の寝顔はきれいでした。
本当に眠っているようでした。

最期の日、苦しみと戦いながらも私に冗談を飛ばし、私や父の経営する店を気遣っていた母。
たくさんの楽しみを残したままで、本当に悔しかったと思います。


そして現在。
父をはじめ残された我々は、つねに母をそばに感じ、母に声をかけながら
日常を取り戻しつつあります。
まだ、悲しみとさみしさすら涙にならない状態です。
もうちょっとしたら、みんなで思い切り泣こうかな。
それまでは
母ちゃんもさみしいだろうけれど、私たちを応援していてね。

|

« 母が去る日 | トップページ | ひとつの区切り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

………58歳なんて、まだまだ若いのに。
平均寿命が上がってるこの時代で58歳はバリバリ元気でなきゃ。
それでもね、ウチのママさんも65歳。
最近は、いなくなったらどうしよう…と考えるようになったの。
本当にひとりぼっちになっちゃう!っていう不安でいっぱい。
どうして大好きな人っていなくなっちゃうんだろうねぇ?

ぷうたのママは、いつかぷうた家の5人目の家族として、大人になったさやぽんのベイビーとして、必ずぷうたの近くに生まれ変わってくるから、ちょっとのお別れだと思って待とうよ( ^ω^ )
ぷうたの大好きなママ、ご冥福をお祈りします。

何も知らないでごめんね。

投稿: おがっち | 2010年9月 6日 (月) 21時17分

おがっちありがとう。
え?一瞬私の子供として生まれてくるのか!?って(笑)
いやだよ~あんな母ちゃん生みたくない~(笑)

正直ね
家族の中で私がいまだに引きずってるかも
ちょっと不安定な自分が怖いんだ。
でも、いつかきっと心から笑顔になれる日を信じて、私は自分なりの気分転換をはかっているよ。
仕事にも復帰した☆今は母ちゃんに寄りかかっていた分、自力で頑張らなきゃだもん!頑張るよ!!

おがっち、人は生きている間しか触れたり言葉を交わせないから、大切な家族や友達や仲間とは、たくさん関わってたくさん会話をしてください。
それが、おがっちへのお願いかな☆

投稿: ぷうた | 2010年9月10日 (金) 14時54分

ほんとに大変だったね。少し落ち着いてきただろうか。店をてつだってるのかな?うちも稲刈り真っ最中だけど、落ち着いたら飲みにいくね。

投稿: M.Hoshi | 2010年9月16日 (木) 22時08分

大変だったね。少し落ち着いたかな。お店てつだってるのかな?うちも稲刈り真っ最中だけど、落ち着いたら飲みにいくね。

投稿: M.Hoshi | 2010年9月16日 (木) 22時21分

星さん、たくさんのコメントありがとうございました!
星さんらしくて、なんだかほっとしちゃいましたよ~4通も(笑)

人生って、本当にわからないですね。
でも、それが人生なんでしょうね。
母の死は、自分を見直すきっかけとなりました。
今はまだ、不安定な部分が多くて、時々とまどいますが
私の今生きている理由、意味、証・・・色々なものを、母の分まで考えて、生きているうちに満足したいです。

まだ、誰の前でも泣けてません。泣き方を忘れちゃったみたいです。

星さんと語る頃には、もしかしたら素直に泣けるのかもしれませんね・・・いや、星さんの前で号泣したら、周りが誤解するな(笑)それもおもしろいかも、ふふふ。

気持ちの浮き沈みは、日々の忙しさがそれを許さないくらいに私を動かしてくれていることで、落ち着いてもいます。
そうか、私動いてなきゃダメだ、と思ったりとか、私なりに今の自分を大切に考えていたりもしますので、たぶん大丈夫だと思っています。

星さん、本当にありがとうございます。
星さんと共に学校で行動することも、私の癒しですから・・・文化祭・・・その前にチャレンジもありますね☆頑張りましょう!!


投稿: ぷうた | 2010年9月18日 (土) 01時10分

ほんとに全部UPしてくれたんだ(冷汗)近ごろのシステムをしらんで恥ずかし。ところでできるかできないかわかんないけど、今、父親の会通信みたいのできないかと思ってるの。もしできたら、そこに読み切り漫画かいてくれないかな。ま、できるかわかんないけどね。

投稿: M.Hoshi | 2010年9月22日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507003/49351855

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別、そして歩みだす。:

» 抗がん剤の副作用研究所 [抗がん剤の副作用研究所]
抗がん剤の副作用について解説したサイトです。よろしかったらご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 14時44分

« 母が去る日 | トップページ | ひとつの区切り »