« 衣替え。 | トップページ | 変わったこと。 »

勘違いしてないか?

最近言われたことと聞いたこと。

「なのよさんちはいいよね、だんな様が優しくて子供たちが働き者で」

何ゆえにそう思うのか?

「だって、なのよさんが残業で帰りが遅くなっても、だんな様が子供たちのお迎えに行ったり夕飯を作ってくれるんでしょ」

いや・・・そりゃ・・・当然でしょうよ。
家に安定の金を入れない、妻よりも先に帰宅するのだから、夕飯作るのはだんなの仕事だ。
家計を支えるために残業もつらい職場にも絶え日々働いている私だ。むしろ感謝してほしいくらいだ。

テレビで見た。
某国では家に先に帰宅した家族が家の仕事をする。その代わり、夕飯を作った人が食卓につくまでは家族は食事を始めない。
仕事をする人間も、家事をする人間も同等に扱われる国。すばらしい。

でもこれは、至極当たり前のことだろう。
日本人の考えがおかしいんだ。

亭主関白とか専業主婦ってのは、それぞれの立場が確立されてこその地位だ。
家族に安定の生活を与えない亭主が偉ぶっても意味ないし、安定の収入を持ち込む亭主がいるからこそ家庭を必死で守る専業主婦が生まれる。

我が家も然り。
やんもぽんも夕飯くらい作れるし、その他の家事もできるレベルだ。
たちゅもさやぽんだってごみ捨てや洗濯をたたんだり、自分たちの支度ももちろんできる。
それぞれが動いてこその我が家。

それを、さも私が楽させてもらってるみたいな言い方をするなよ。

私は生活を支え、家事をし、子供たち関連の仕事もすべて抱えてる。
ストレスも抱えるし発散もしたいし、この10年以上我慢して仕事以外は引きこもっていた自分にそろそろ楽しいこともしてあげたい。
だから、目の前の世界を広げたことに後悔はしてないし、がんばって生きてる自分が好きになった。


それをね、趣味もない、目の前のことだけを全部を自分で抱えることにしか意味をもたない(存在をみいだせない)連中に「なのよは自由させてもらっていいよな」みたいなことを言われたくないの。

家庭から逃げるように仕事なんかしてるから、めんどくさいことはこっちに押し付けて、居眠りする余裕もあるし、ちょっとでも仕事量が増えると文句を言う。「なのよがやってくれるから私たちはやらない」てな態度をありありと出しながら、上司から仕事と残業を上乗せされる私のやつれる様と言語に障害が出てることにも見て見ぬフリをするあんたらこそが楽なんだよ。

それをね、社長がいまさらながら突っついても遅いの。
こんだけ放置してきた会社だよ。私がこの4年間、どれだけ提案をして先に進もうとしていたかなんて見てない社長、そしてそんな私をつぶすお局連中なんだもの。「お前はもっと目先と考えを変えろ」なんていまさらいわれても、地位も評価もない私がどうやって先頭きれってのさ。
仕事覚えたいから「教えてください」といっても、「これはわたしの仕事だから」と教えない。「忙しいから」と教えない。なんなのこの会社。ちっちぇプライドで封印してるこの会社。
私は現場の人間とぶつかりあいながら、それでも認めてもらってつながりとか信頼をもらってきた。それすらもつぶしにかかるこの連中。
ああ、だから私のポジションで働いてきた先輩方は4年も持たずに辞めるのか。
理由がよーくわかった。


人間関係でつぶれるなんてのは絶対にいやだ。
それだったらどんなに体力的に辛くても、仕事三昧な職場な方が楽ちんだ。


あ、これは主婦の立場な意見です。

男の人は本当にえらいと思うよ。
いろんなものを支えるために、ぐっとぐっと我慢して仕事に臨んでるんだもの。
なんだだって、仕事で何かあってもやっぱり黙ってる。はけ口が私にあっても、感じるから私は黙って受け入れる。
そうやって今は支えあっていられる。それだけでも、ありがたい環境だと思うべきなのかな。


|

« 衣替え。 | トップページ | 変わったこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507003/55983924

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いしてないか?:

« 衣替え。 | トップページ | 変わったこと。 »