« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

ふっこく家のお勉強事情。

まあ、お金がないだけに我が子たちのお勉強は自力で頑張れよ的なのが基本です。

私自身塾には行ったことがなく、中学3年で行先を見失った(親の希望通りにやってきた結果自分の将来のビジョンが全く生まれず勉強を一切やめて遊びまくった)時点で母が無理やり家庭教師をつけてくれたがすでに学ぶ気もなかったぐだぐだぶり。
今に至って己の頭の悪さに落ち込んでもしょうがない(これは完全に自己の責任)ので、せめて我が子はなんとかしなくてはと母ゴコロなりに思って育ててまいりました。

やん、
中学2年からFAX塾(毎日基本と授業過程に沿った課題をやり続ける)で、自主学習のリズムを掴み、振り返ってみれば夢とそのための努力と継続を身に着けておりました。
教材費毎月16000円、指導費毎月14000円(但し、教材については兄弟サポートでぽんの分も支給されてきた)年3回の定期模擬試験は無料。

ぽん、
やんが無事に高校に入ったら同じFAX塾をやらせる予定。教材費16000円、指導費10000円(3年になると14000円になる)年3回の定期模擬試験は無料。
だがしかし!!やんと違ってちょいと関わり方が難しいおじょうちゃん。
なんとか机にかじりつく癖をつけなければと、ぽんの学習必須時間の3時間は背を向けてこうやって一緒にいます。

Photo

気分を盛り上げるために、好きなキャラの切り抜きを渡したり(単語帳を作らせてみた)

Photo_2


頑張ったご褒美にちょいとしたらくがきを渡したり。
ぽんの場合はとにかく一緒にいてあげることが大事なようです。
私が教えるよりも自発性をまず自ら掴むことからはじめてます。

たちゅ、
毎日10分の自主学習の課題を作って丸投げ。
最初の書き方は教えますが、あとは自分で続きを考えることをさせてます。
今は書き取りとたしざんひきざん。
ノートの空いたスペースに好きならくがきをさせてます。
今までは国旗を書きまくってましたが、最近はポケモンを書くようになりました。

さやぽん、
読み聞かせ。言葉の学習。
ひらがなも教えてます(保育園では年中組からひらがなと計算がはじまるので予習)。
でも書く楽しさゆえに忙しい時間もくっついてくるのがちょいと困る(笑)。

あれ?
私仕事とか遊び三昧じゃないよ。
ちゃんと家事も育児もこなしてます。
毎週金曜日の読み聞かせだってさやぽんが小学校終わるまでは続けたい。
毎日たちゅとさやぽんとの5分の遊びも欠かさない。


世のお父さんお母さん、
子供ってね1日5分だけ遊んであげれば、満足するんだよ。
お風呂に一緒に入ってお話しするのだって、水遊びするのだって、それだけでも十分。
寝る前に読み聞かせするだけでも、一緒にお絵かきしたりお料理したり、色々。
たった5分でも、子供にとっては親が先生にもなるし尊敬する時間にもなるの。

・・・て・・・それを未だになんだが分かってないのが一番のガンか・・・

私がやってこなかった「努力」
今更だけど、子供たちに対して「努力」してあげなきゃね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴重な時間

うん、面白かった。

12月・1月は「初めまして」「待ってたよ」な機会がありがたかった。

自分よりもひと回り若い子ともおじ様とも関わったイベント。
・・・まさか二人きりでタクシーとか朝帰りするとかとは思わなかったけども・・・

若い子は元気だねー。
時間を本当に楽しんでる。いいことだよ。
そんな時間に無理やり居座っちゃったけど・・・迷惑じゃなかっただろうか・・・?(今更)
ん・・・まあ私含め若干力尽きてるのもいたけども・・・疲れてるんだよ、色々と。だから許してね。あとめっちゃくちゃおっさんくさく力尽きててごめん。本当にごめん!!
そしてみんなありがと。一番会いたかった時に会えた君たちに感謝だよ!!
・・・久々に乗った始発電車も新鮮だったよ。帰宅したら家族全員起きて朝飯食ってたけどね。

おじ様とはいい語らいができた。
何より私が見てくれじゃない男っぷりだってところを認めてもらえたのが嬉しかった。
ジュニアが頭角を現す時期がやっときたのを感じた。
いいじゃないか、受け継いできたものをジュニアらしく開拓してほしい。
それができる男がやっぱりかっこいいんだよ。

Photo

ただ、このわさび巻はもう結構です・・・あと日本酒も・・・。
日本酒なんて20年ぶりに飲んだよ・・・あやうく潰されるとこだった(笑えない)。
ともあれ、会社の営業としてお得意様に気に入ってもらえたのは名誉なことでした。

自分が主婦として普段飛び込めないであろう時間をいただけたのは貴重でした。
たっちゃん、ユウくんをはじめ、sachiさんサンクス☆
こんな私を受け入れてくれたヴァリ君BoB氏にN氏、トムえもんちゃんににゃんちゃん、勢いで抱きしめちゃったが鵺様あんどゆメさん。ヒロトさんはづきくんカズ氏。やっぱりみんな大好きだ☆
いしぞー社長にながい社長、男らしくおっさんらしさを晒してくれた社長の皆様。皆様のご活躍、もちろん期待しております。またコンパニオンで馳せ参じたい(私が会社辞めててもね(笑)。

・・・そしてぷうたがもがいているので、そろそろバトンを渡そうと思ってます。
今月はお着替えも歌も封印しているので、可哀相すぎる。
まさかの擬人カレシで楓太が盛り上がってるしね。ぷうた死んじゃうんじゃない?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々お世話になりましたがこれからもよろしく(笑)

昨年は盛り沢山な1年でした。
自分が大変だったとは思ってません。
私の周りには我が家よりも子供の数が多いにもかかわらずさまざまな活動に率先して参加する家庭もあります。
仕事も育児も子供に関わる行事にも。
私の周りには、誇れるママが本当に多い。

そしてそんなママたちの努力を知らない新米ママたちの「おサボり」に苦言と釘をさしたのも私です。

仕事をしているママは同等です。ママはみんな大変なんです。
子供の数も関係ありません。子育ては数じゃない。関わってあげる時間とやりかたが大事。
我が子と関わる=担任・保護者同志の連携を深めたいならどんどんPTAにも参加しなさい。
めんどくさいと関わるのをやめたら、せっかくのチャンスを逃しますよ。
なぜそれを私が言うのか。
それは私がかつてそうだったからです。

そして私は、PTA活動を通して、子供たちとの触れ合いを楽しむ時間ができました。
子供は本当に面白い。
そして(学校的に)トラブルを抱えているといわれている子供ほど、実は素直で可愛い。
親の立場にある「他人」に叱られる子供。そういう子は、自分の親におおげさな出来事(なのよに叱られた)を決して言いません。私は時に歯止めの効かない人の子の頭やお尻を子供たちの前で叩きます。それでもその子は素直に受け入れます。静かにもなるし突っ張りながらも素直になる。
そんな子供たちの方が、将来は大きくなるのです。
勉強であれ趣味であれスポーツであれ。
「大人」に叱られることの意味を学ぶ子供の方が実は自分を成長させる。

ただし!!

ただ叱るだけの大人は駄目です。
あくまでも子供の前ではヒーローであること!!

私は小学生と徒競走で争います。鬼ごっこでも大人げなくやりきります。
バレーボールではカッコよすぎて尊敬されるレベルです(そのための努力は辛かった)。
勉強も負けません(これは当然だけども、見せる機会は必要)。
あと(ぷうた部分だけれども)趣味を夢として見せつけること。漫画も描くしイラストも描く。あと舞台女優としても声優のモノマネとしても子供たちの興味を惹き付ける!!

そういう大人げなさをカッコよく子供に「晒す」事は、実は子供にはとても魅力があるし信頼や心を預けてもらえたりする。

まあ、あくまでもなのよ経験談ですよ(笑)。

でもね、結果。魅力のない「大人」は駄目なのよ。
口ばっかの大人は駄目なの。
だから私は我が子には「ふだん俺様で仕事ばっかで家事してませーん」な部分を「料理やらせりゃなんでもござい」「掃除はありえん速度で片付ける」「どこにいても「○○ちゃんのおかあさんは頑張り屋さんですごいよね」と言ってもらえる自慢のママ」な私を見せつける!!

て、ことで最初にもどるのですよ☆

「大人」としてでは子供はみてくれません。「大人げない」ほうが子供は興味も持つし従順になる。

と、あらためてそれを伝えたかった1年でもありました。





Photo


さて、さやぽんが、いよいよ頭角を現しました(さすがわが子)。
先生に「さやちゃんのリードがないと誰もセリフを発しない」と褒めてもらえました。

お遊戯会ではとても楽しそうに飛び跳ねてました。



Photo_2


びっくりするほど成長したたちゅ。
やっと歯も抜け始めて、そして地道な「職人肌」なたちゅは、私の放置プレイをものともせず(苦笑)努力一色な1年をこなしました。でも忘れ物大将(笑)。

さて、やんです。
推薦選抜に選ばれました。これで入試が受かればもーまんたい。
がしかし!!私は脅しに脅しまくって受験勉強三昧を押し付けてます。
ゆるみとあまえは許さんのさ!!

ぽん。
生理がはじまりました。自分の髪形やファッションを気にし始めました。かわいいね。
正直、可愛い服を買いまくってます。私はそういう経験なかったので(母ちゃんのおさがりばっか)。
そして、反抗期やらまあ色々頭を抱えましたが、開き直って「一緒」を目指すようにしました。
今までは宇宙人扱いで家事もろくに手を添えて教えてあげなかったけども、危険を覚悟で本人が興味を持ち始めた料理を一緒にやるようにしています。
私の料理の手さばきに改めて「私のママはパパじゃなかった!!」を植え付けることに成功(なんか変だが(笑))。
女同士ってのが、実は一番やりにくいのかなー?
よくわからないけども、今年はぽんを中心に回っていくようにしていきたいです。

仕事。
いつでも辞めるぜな立場を作りました。
ありがたいことに、私を逃したくないと訴えてくれる上司以下(自分の都合的なやつもいるが)。
どうあがいてもやんが高校にあがれば生活も苦しくなる。
あとは市の援助とのやりくりとさやぽんの保育料に耐えること。そしてぽんの塾費の捻出だね。
なんだがあっけなくめげてる(たった1か月でだぜ?)が私はもう数年耐えてきたんだ。
今年はPTA副会長もこなすから、それとの連携も含めて、色々環境も変わりそうです。



もちろん、今はちょっと休んでもらっているぷうたとふうたには活躍してもらうけどね☆

そろそろ、起こさないとなー☆

と、いうことで今年も皆様、私の真っ黒日記を気が向いたらのぞいてやってくださいね~(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »